人気ブログランキング | 話題のタグを見る

高畑アクセス法律事務所



司法修習生の給費制維持の署名協力を

 裁判官・検察官・弁護士のタマゴである司法修習生の「給費制」が撤廃され、「貸与制」になることが予定されています。従来は、司法試験に合格して司法修習生になると、国家公務員の初任程度の給与が支給されてきました。しかし、司法試験の改革で、修習生が従前の6倍になり、国庫負担は適当でないとして、貸与制に切り替えるということになっているのです。
 しかし、今の修習生は大学、ロースクールで奨学金という借金を背負って、そのうえで、修習生になっても「貸与」という借金を背負うということになれば、法曹資格を得たときには、優に1000万円を超える借金を抱えた「破産予備軍」になりかねません。また、司法修習生には修習専念義務があり、アルバイトで生活費を稼ぐということも認められていません。その結果、経済的に余裕のある家庭の子弟でなければ、法曹にはなれなくなるという状況が生まれてしまいます。私自身も、今のような新司法試験制度では、法曹の未知を断念下可能性が強いです。
 いま、弁護士になっているヒトの中には、経済的に恵まれない中で苦学して司法試験を突破して、活躍されている方も多数おられます。それと逆行するような「貸与制」には反対です。弁護士会が今の時期に給費制維持の署名を始めたのは、ちょっと遅きに失した感もありますが、ご協力をお願いします。
by accesstakabata | 2010-07-09 10:45 | 弁護士から
<< 当事務所の夏期休暇について 駐車場が確保できました >>


名古屋市中川区の法律事務所です
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30