高畑アクセス法律事務所



映画「くじけないで」

今までも、観客がごく少数の映画鑑賞はあったけれど、人生ではじめて、たった一人の観客で観た、映画「くじけないで」。中川コロナのスクリーン10.
もし、ボクが突然見に行こうと思わなかったら観客は0だけど、それでも上映するのかしらん。昔、バスにのって始発から終点までずっと乗客はボク一人ということがあったけれど、バスの場合は乗客がいようといまいと運行するんだろうけど、映画はどうなんだろう・・
 映画そのものは、90歳を超えてから詩を書きだした柴田トヨさんの話で、若い人には全く不向きの映画。
しかし、六十の手習いという言葉があるが、人生八十年、九十年になった今は、人間いくつになっても、やる気を起こして実践することが大切だという気にはさせてくれる。
 主演の八千草薫は年齢に比して肌も若いし、上品だし、サマになってるけど、久しぶりに見た鈴木瑞穂のアップは耐えられない。ダメ息子の武田鉄矢とその妻伊藤蘭も現実離れしているし、上地雄輔の医師も???。チョイ役の池脇千鶴やでんでんの方がよっぽでいい味を出している。
[PR]
by accesstakabata | 2013-12-12 08:28
<< この1年・・ 石破幹事長のデモ敵視発言 >>


名古屋市中川区の法律事務所です
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
高畑アクセス法律事務所
名古屋市中川区高畑2‐110
サンライズ第二ビル2F
●ホームページはこちら
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧