高畑アクセス法律事務所



カテゴリ:未分類( 156 )


年末年始の休業について

当事務所の年末年始の休業期間は次のとおりです。
12月29日~1月5日
新年の業務は1月6日からとさせていただきますので、
よろしくお願いいたします。
[PR]
by accesstakabata | 2015-12-27 10:38

映画「望郷の鐘」

 中国残留孤児の父と言われる山本慈照を主人公とした、満蒙開拓団の逃避行と残留孤児探しを題材に、戦争の悲惨さ、国家的詐欺をテーマにした映画である。山田火砂子監督作品。
 平日の午前の上映だから、閑古鳥が鳴いていると思っていったら、満席で補助イスまで出ていた。私よりも年上の観客が圧倒的であり、日中友好協会や民主団体からの宣伝が行き届いていると思われた。
 映画の出来としては、正直、今イチという感想である。
 満州を舞台にしているはずなのに、その大きさが伝わるような場面が全くない。ストーリーを「絵」(映像)で見せることをせずに、説明的になっており、展開をはしょったりしており、感動させるところが乏しい。
 まあカネがないから中国ロケなど無理だったんだろうけど、せめて北海道ロケか当時のニュースフィルムの挿入とか、工夫できたんじゃないの?脚本ももう少し、練れたんじゃないかな。
 子役が拙く学芸会を見させられている気になる。それと日中友好協会の長野県支部支部長のお坊さん役がワンシーンだけ出てくるが、あまりに下手くそなので、これは本物の坊さんがやっているのかなと思ったら、後でネットで見たら、ナント、日本人初のブンデスリーガ所属のサッカー選手だった奥寺康彦氏が登場していたのだった。あのね~。有名人を出せば良いってもんじゃないよ。失礼ながら滑舌は悪いし、見られたものではありません。
 主役の内藤剛はよく演じているとは思うけど、お坊さん役なんだからお経はもうちょっと訓練してほしかったな。常盤貴子も、ただ「出てます」というだけでアピールするところなし。
 ということで、映画の評価としては、ほんとに残念というほかありません。
 ただ、今の日本が「積極的平和主義」の掛け声で、戦争も厭わずという空気になりつつあるときに、70年前の日本が、「東洋平和」「五族協和」の美名のもとに、中国侵略をし、それは日本という「国」だけでなく国民も加害者にさせられ、もちろん被害者にもなったという歴史をもう一度認識し、学ぶための映画として、存在価値はあると思います。
 
 
[PR]
by accesstakabata | 2015-02-05 20:22

法テラス愛知での相談

今日は、午前中は法テラス愛知での法律相談。
法テラスの相談は、経済的に恵まれない人たちのためのもの(のはず)で、相談者の負担は0である。
このため、弁護士会の法律相談センターの相談(有料)は、枠が余って、閑古鳥が鳴いていることもあるのに、
法テラスは予約で埋まっており、いまだに1週間から10日先にしか、予約が入らない状況のようである。
そして、今日も6件の予約があったが、なんとそのうち4件は、相談者が来ない。うち1件は、キャンセルの
連絡が入ったが、後の3件は、全く連絡もせずに無断欠席状態。
相談は午前10時から午後1時まで、1件30分の枠で、最後の相談は0時30分からの予定が、相談者が法テラスにたどりついたのは0時45分。相談票に記入をして相談室に入室したのは0時50分!これでは、きちんと対応するのが無理というものである。
法テラスの無料相談を利用したいという市民は多数いるのに、このような予定を守らない人たちのために、空白の時間が作られてしまう。
弁護士が、法律相談に5分も遅刻したら、始末書を書かされる時代だというのに、相談者の無断欠席はなんのぺナルティもなくていいのだろうか。
[PR]
by accesstakabata | 2014-12-15 16:36

チリ映画「NO」

チリの映画なんて、たぶんはじめて観たのだろうな。
アジェンデ社会主義政権が、アメリカの後ろ盾によるピノチェト将軍の軍事クーデターにより倒され、以後、軍事独裁政権が続くチリ。ピノチェトは国際社会の信認を得る目的で、政権にYESかNOかを国民投票に問う。国営放送は政権賛美のオンパレードではあるが、YES派とNO派にそれぞれ1日15分の放送枠が与えられる。そんなことに精力を費やすのはピノチェトの画策する出来レースにつきあうだけだと無力感も広がる中、TV広告マンがコマーシャルの手法を取り入れて、国民に問い掛け、ついにNOを国民の多数派にしていくという、実話に基づいたドラマである。
映画としての出来は今一つという感じで、ピノチェト政権の背後にアメリカがいるということが全く描かれていないし、学生時代に歌った「ベンセレーモス」くらい出てくるかと思っていたら、それもなかった。
しかし、この映画は観る価値がある。一つは、政治に諦めは禁物ということ。どんなに強固にみえる政権でもそれが反国民的政策をとるものであれば、国民に対して訴えかけてこれを倒すことは可能だということ、もう一つは、国民への訴えかけの手法として、旧来の理屈や事実の積み重ねだけでは足りず、喜びたい、楽しみたいという感情に問いかけたことが成功するのだということ。
日本もこのままの趨勢で行けば、いずれ憲法改正にYESかNOかの国民投票が実施される状況になることも予想される。そんな事態になるまえにNOを多数派にしなくてはいけない。


[PR]
by accesstakabata | 2014-09-13 07:53

映画「ポンペイ」

TOHOシネマズ名古屋で鑑賞。観客は5~6名ほど。
ベスビオ火山の噴火により、一瞬のうちに廃墟となってしまったポンペイの町。
そのポンペイを舞台に、ケルト人の奴隷とポンペイのお姫様のラブロマンスを
ちりばめた荒唐無稽のスペクタクルドラマ。
ベスビオ火山の噴火や津波の映像は3Dのスクリーンでみると大迫力ではあるし、
物語も、被征服民族の生き残りである主人公の復讐意欲、
奴隷剣闘士同士の男の友情を交えて、
わかりやすいんだけど、陳腐。
歴史ものと思っていると、全く当て外れである。

[PR]
by accesstakabata | 2014-06-12 09:24

映画 WOOD JOB 神去なあなあ日常

三浦しおん原作の「林業」映画。
昨年、同作者原作の「舟を編む」がよかったので、期待して観に行った。
監督が「スウィング・ガールズ」や「ウオーターボーイズ」の矢口史靖なので、
喜劇調にはなるんだろとは思っていた。
ロケ地は三重県の美杉村(現在は津市に編入)。
主演の染谷将太は、へらへらした青年役にぴったりだが、相手役の長澤まさみと
の呼吸はイマイチ。伊藤英明は山の男を演じて過不足がない。優香もすっぴんで頑張っている。
ストーリーは、都会育ちで受験委失敗したやわな学生が、森林組合の研修生に応募して、
ビビりながらも、山の男に少しだけ成長していくというお話。
笑いをとる場面はしっかりちりばめられているし、
スギの大木を倒して、木のレール上をつっこませる「奇祭」のクライマックスは、構成として秀逸。
観て損はない。
林業は、木を植えて伐り出すまでに100年のスパンを見なければならない仕事であり、
自分の仕事の成果が現れるのは、孫やひ孫の世代であるという、今の時代にはなんともまどろっこしい
産業である。そして、外国材の輸入により国内の林業は瀕死の状態であるとも聞く。
この映画には、そのような社会性は全く描かれていないが、生き急ぐ現代人にたいして
「なあなあ日常」が貴重なことを感じさせてくれる。


[PR]
by accesstakabata | 2014-06-09 08:30

映画「カルロス」

伝説の大物テロリスト「カルロス」を描いたフランス映画。
3部作で全編5時間30分にも及ぶ大作である。
刈谷日劇で鑑賞。
 ベネズエラ生まれのテロリストの70年から80年にかけての行動を、ときにニュース映像を交えて描いた映画であり、見ごたえがある。「マルクスレーニン主義」を掲げ、反帝国主義闘争を続けるテロリスト カルロスに対して感情移入することなく、淡々と描いている印象であり、5時間半に及ぶ長尺であるが、退屈さを感じさせない。カルロスは、集会やデモで世界を変えることはできないと言って、テロリズムに傾斜していくのだが、テロでは世界を変えることもできないことを逮捕されてから悟ったのだろうか。
 テロリストを利用できるときは利用して、役に立たなくなればポイ捨てする国家の非情さも描かれている。ま、暴力団をときには利用する保守政治家や資本家と同じかな?
 第1部では日本赤軍のコマンドがハーグの大使館を襲撃する場面があり、そこでは日本語が話される。
場面によって、英語、ドイツ語、フランス語が駆使され、場面もヨーロッパだけでなく、ヨルダンや南イエメン、最後はスーダンまで出てくる。スーダンの場面で歌われている音楽が、日本の演歌によく似ていると感じたのは、私の錯覚だろうか。
 なんといっても主役のカルロスを演じる俳優がすばらしい。青年期の引き締まった体から中年のだぶついたころまでを、よく一人で演じられるものだと思う。
 朝1からの観客が5名。第2部から中年カップルが入って、女性1名退出で6名。
 第3部になって、途中で場面が一時停止すること3度、そしてラスト10分程度になったら、映写が完全に止まってしまった。残念!
[PR]
by accesstakabata | 2014-05-04 11:20

映画「チスル」

メーデーの集会・デモの後、観に行きました。
1948年の韓国済州島での虐殺事件を扱った映画「チスル」。
日本の敗戦により解放されたはずの朝鮮半島が、アメリカとソ連の冷戦開始により
南北に分断される。
アメリカ軍政下で南朝鮮だけで「選挙」がされることに反対した済州島の島民が反対して
暴動を起こす。これに対して、米軍と李スンハン政権は、済州島はアカの巣窟だとして、
島の焦土作戦を展開する。その際の一つのエピソードを映画化したものである。
南の軍事政権の迫害により日本に逃れ、
日本での徹底した差別に苦しんで、北朝鮮に希望を見出して「帰国」運動を展開し、
「帰国」を果たした北朝鮮では悲惨な現実に絶望する。
在日の人が歴史的・社会的に置かれてた状況を知らないとこの映画の意味はわかりにくいかも知れない。

[PR]
by accesstakabata | 2014-05-02 08:53

映画「キューポラのある町」

今池の名画座「キノシタホール」で、吉永小百合の出世作「キューポラのある町」を見てきた。
今村昌平と浦山桐郎の共同脚本、浦山の初監督作品だそうだ。
50年以上前のモノクロ映画で、鋳物工場のひしめく埼玉県川口市を舞台にして、
貧しいながらも懸命に生きようとする少女ジュンと弟タカユキの物語である。
吉永小百合はあまりに天使のようで、場違いな配役という気がする。
父親が東野英治郎でいかにも昔気質のわからずやの職人というはまり役、
組合活動をする若者が浜田光夫だが、不似合である。
脚本は60年代初頭の貧しさとそれでも明日に希望があるという時代をうまく表現している。
その頃始まった在日朝鮮人の北朝鮮帰還運動を肯定的に描いている点は、今からみればハズレだっただろう。
成績がよくて、本当は進学校に進みたいジュンが、家庭の事情で就職し(日立武蔵工場)、定時制高校へ進学するというストーリーだ。
原作は早船ちよ。中学か高校の時に原作を読んだ記憶がある。
私の世代よりは6~7年前の話だが、私と同時代でも経済的事情で定時制高校に進む子はいた。
私の母校である明和高校にも定時制があり、私は図書部で、図書館の主のような顔をして朝から晩まで授業以外は図書館にいた。
いつも、定時制の生徒が来るまで部室にいて、図書室のカギを定時制の子に渡してから帰宅することを続けていた
ホントに真面目で明日を見つめていた定時制の生徒の皆さん、
その後、お会いしたことはないが、どういう人生を送られたのだろうか。


[PR]
by accesstakabata | 2014-03-16 17:51

映画「それでも夜は明ける」

スティーヴ・マックイーン監督の「それでも夜は明ける」。
19世紀のアメリカで、「自由黒人」の身分でバイオリニストとして活躍していたソロモンが拉致され、南部の農園に奴隷として売り飛ばされ、白人に「家畜」以下に虐待を受け、辛うじて12年後に北部に生還できたという、ノンフィクションを基にした映画である。
わずか150年ほど前のアメリカにおける白人の犯罪的搾取を見事に描いている。
私がいちばん衝撃を受けたのは、ソロモン(奴隷名プラット)が白人の逆恨みを受け、絞首されそうになっているときに、奴隷黒人も含めて、誰もそれに気づこうとしないで、それぞれの仕事・役割を続けているシーンである。
考えてみれば、現代社会も搾取・収奪されている人たちを見て見ぬふりして、自分の小市民的生活に安住しようとしている傾向は強まっているのではないか。この映画の主人公さえ、北部にいる従前の主人である白人に連絡を取り、自分だけが助かったというのであり、性的収奪を受けている女性奴隷パッツィーは助けられなかったのである。
スティーブ・マックイーンといえば、私の世代では、同姓同名の白人活劇俳優を思い起こすが、この映画の監督は黒人である。
暗く重い映画ではあるが、このような映画がアカデミー賞を取ったということに拍手をしたい。

[PR]
by accesstakabata | 2014-03-08 10:27


名古屋市中川区の法律事務所です
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31