高畑アクセス法律事務所



<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


映画「偽りなき者」

還暦を迎えて、はじめてシニア料金で映画を見た。
ミリオン座でデンマーク映画「偽りなき者」。
昼に私の兄弟が還暦祝いを伏見でやってくれるというので、
朝からやっているその映画を観てから合流しようと思った。
朝イチで映画を見るというのもほとんど記憶にない。
9時半ころ映画館に行ったら、ナント長蛇の列?????
そんなに人気のある映画かと思ったら、
実はミリオン座は3スクリーンあって、私が興味を持った
「偽りなき者」のほかに「アンナ・カレーニナ」とゲームから
生まれた?アニメ映画「花咲くいろは」をやっていて、
長蛇の列の正体はこの「花咲くいろは」を見に来た若者たち
(ほとんどが10~20代の男)だった。(初回上映は満席で
多くの観客が次回まわしになっていた。)
で、私が観た「偽りなき者」。日曜日の朝の上映で観客は10数名。
名張事件の映画「約束」を観たときに予告編をやっていて興味
をひかれた。
幼稚園で働く男の先生が、少女の気まぐれな「ウソ」で変質者に
仕立て上げられ、町中から非難を浴び、投石、飼犬の惨殺、
スーパーでの買い物拒否など理不尽な仕打ちを受ける。
友人たちも離反していくが、少女の父親は「ウソ」であることを知り、
和解したように見えるが・・・。
ラストシーンで、いったん濡れ衣を着せられた者に対する
憎悪が癒えていないことを伝える。
何とも後味はよくない映画ではあるが、一見の価値はある。
[PR]
by accesstakabata | 2013-03-31 14:26

プロ野球開幕

 WBCの3連覇はできなかったけれど、いよいよ球春到来。プロ野球が開幕する。
 藤浪や大谷など話題のルーキーがどれくらい活躍できるのか。ワクワクする。スポーツ紙のなどの予想をみると、セは巨人、パはソフトバンクが本命のようだけれど、長丁場のペナントレースで、何がおこるかわからない。ドラゴンズはオープン戦では全くダメだったけど、本番になったら変わるよね??
 私の贔屓のソフトバンクホークスは、新人で東浜、山中、外人補強でパディーヤと投手陣を厚くしたうえ、打撃陣でもラヘアと新鋭柳田が戦力としてけいさんできるので、大いに楽しみである。ただ、ソフトバンクって、事前の予想が「本命」のときにはなかなか優勝していないんだよね。
 開幕戦は沢村賞の摂津。相手方は55年ぶりの新人開幕投手となる楽天則本ってんだから、負けるわけにはいかないよ。
[PR]
by accesstakabata | 2013-03-29 12:41

今日はダウン症の日

 3月21日はダウン症の日だそうだ。22対の常染色体のうち、21番目の染色体が1本余分にあることによって発症する障害である。
 今年の4月から実用に供されようとしている血液検査だけの簡易な出生前診断というのは、主としてこのダウン症の子かどうかを判定するものだという。ダウン症の子というのは総じて発達は緩やかであるが、共通の愛嬌ある表情をしている。ダウン症の子を持った親御さんたちは、この子を持って幸せと感じる方が9割以上だという。それでも、優勝劣敗社会だと、障害児が生まれる可能性がわかると人工中絶してしまう方向に新しい出生前診断も使われてしまうだろう。
 行き着く先は、「優秀」な精子と「優秀」な卵子を冷凍保存して、「健康」な子宮を持つ女性を代理母として出産してもらうことなのかな??そんな時代はまっぴらゴメンだけど。
[PR]
by accesstakabata | 2013-03-21 08:59

映画「松川事件」

昨日は、「人権を映画で観る会」主催の映画会で、映画「松川事件」を見てきた。この映画は松川支援運動が高まりを見せる中で、労組や市民のカンパで作られた、山本薩夫監督の映画である。
主任弁護人の岡林弁護士を宇野重吉、大塚一男弁護士を宇津井健が演じている。このほか西村晃、下元勉、永井智雄、沢村貞子など、彼らが老齢になってからTVで見てきた俳優たちのぐっと若き時代が見られて新鮮だった。映画としてはほとんどが法廷シーンで、いわゆる赤間自白がどのようにデッチあげられたのかを理解しやすいようにつくられている。
見に来た人たちも高齢の方が多かったが、このような映画をもっと若い人たちに見られる機会をつくれないものかと思う。
[PR]
by accesstakabata | 2013-03-04 08:46


名古屋市中川区の法律事務所です
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31