高畑アクセス法律事務所



<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


安倍首相のやりたいこと

  アベノミクスといわれる経済政策は、実体経済の伴わない無責任な金融緩和であり、デフレ脱却と円安誘導によって利益を受ける可能性があるのは、一部の投資家と金融資本に過ぎず、一般の国民にとっては輸入品は高くなるは、給料は上がらないは、さらには消費税増税の追い打ちが待っています。
 またTPPは、国家主権の一部を外国資本に売り渡して、国内の農業や医療を壊滅させてでも、国内の大企業の利益を最大限追求しようという試みで、大企業の収益が上がれば労働者の雇用や中小企業の収益改善につながるというものです。しかし、対米従属を旨とする今の日本の外交交渉力を前提とすれば、アメリカ(の大資本)に対して、自国の利益を守りきることなど到底できないでしょう。
 福島原発の事故も収束していないのに、厚顔にも海外へ原発を売り込みに走る安倍首相。原発事故で死んだ人はいないなどと開き直る高市早苗を切ることもしない安倍首相。彼には倫理よりも目先の利益の方が大切なのです。
 アベノミクスにせよTPPにせよ、今の政治は、また今の財界は、目先の利益を追い求めることのみに終始しており、まさに「我が亡き後に洪水は来たれ!」そのリスクを将来の国民に背負わせようとしているのです。
 ところで、東京の大久保や大阪の鶴橋などのコリアンタウンでは、在日朝鮮人・韓国人などに対して「たたき出せ」「殺せ」などと口汚いヘイトスピーチ・デモが繰り返されています。生活保護を受けている人たちに対する攻撃も尋常なものではありません。 抑圧された人々が、その鬱憤を晴らすために自分より弱い人々に刃を向ける異常な時代になりました。安倍自民党の支配が続く限り、格差社会はますます深刻化し、ごく一部の支配層のみが利益を享受し、大多数の国民は疲弊していくでしょう。
 参議院選挙を前にして、安倍首相は、一度は言い始めた「憲法96条先行改正」を保守論客や公明党にも批判され、評判が悪いと見るや、前面には出さなくなりました。しかし、昨年公にした自民党の官報改正草案は公約の末尾にしっかりと提示されています。
 東京都議選で圧勝した自民党は、その勢いで参議院選挙も勝ち抜き、そうしたら憲法改正に踏み出すことは間違いありません。それを阻止できるかどうか、日本は重大な岐路にさしかかっています。
 
 
[PR]
by accesstakabata | 2013-06-27 11:33

映画「飢餓海峡」

名作の誉れ高い内田吐夢監督・三国連太郞主演・水上勉原作の映画「飢餓海峡」。
京都の文化博物館で上映するという情報を得て、やってきました。ちょうど「インカ帝国展」というのをやっていて、昼前に行くとかなりの混雑。ミイラ5体が展示されていたり、マチュピチュ遺跡の3D映像など見応えがある。
しかし、私のお目当てはあくまでも「飢餓海峡」。12時半過ぎにフイルムシアター前に行くと早くも開場を待ちわびる列。上映時間前には170席の会場は満席となり、立ち見(しゃが見?)まで出る人気。還暦の私よりも上の世代の観客が大部分で、男性が7割ほど。
3時間の長丁場に加えて、私の並びでちょっとヒジョーシキなオッサンがいて、少し興が削がれたが、時間を掛けて京都まできた甲斐はあった。
水上勉が、青函連絡船洞爺丸の沈没と岩内の大火事に着想を得て、敗戦直後で日本がまだ貧しい時代に、極貧に生まれた男女のわずかな交接と悲劇を描いた名作。
三国連太郞は素晴らしい。左幸子も田舎出の薄幸女を演じて過不足がない。まだ青二才の高倉健演じる刑事はもう少しガンバリマショウといったところか。
私が20代のころにTVドラマで山崎努と藤真利子のコンビでやっていたドラマも印象に残っているが、やはり映画館でみるこの映画は格別である。
[PR]
by accesstakabata | 2013-06-23 15:40

発見!若い頃の笠智衆はイチローにそっくりだ。

小津安二郎監督・笠智衆主演の「父ありき」。
笠の子ども役が佐野周二。
笠は教師だが、子どもの海難事故を機に教師を辞し、民間会社に入社。子どもは寄宿舎暮らしで大きくなって
教師に。父と同居したいと思っていた頃に、父が突然死するという話。
同監督の最初のトーキー映画「一人息子」。
主演が飯田蝶子で、笠は蝶子の一人息子の教師役。子どもを上の学校にやることに難色を示す蝶子にこれからの時代は上の学校に行かないとどうにもならんといい、笠も上京するが夢破れ・・という話。
「紀子三部作」に食傷気味だった私にとってみると「一人息子」は、まあまあ見ることができた。
笠智衆といえば、私の時代では、枯れた老け役専門であったが、これらの役どころでは、しゃべり方はすでに老けた時と同じようなものだが、姿形は現役であある。それで気づいたことは、笠智衆の若い頃は、イチローにそっくりだということ。とくに、無精ひげを生やしてた頃と比べたら、見間違うこと請け合いである。
[PR]
by accesstakabata | 2013-06-21 13:07

祝・ホークス交流戦優勝!

ホークスが、交流戦2試合を残して、4回目の優勝を決めた。目出度い、目出度い。
内川、松田、長谷川のクリ-ンアップが実によく打つし、先発が6回くらいまで投げれば、岩崎、千賀、五十嵐など盤石のリリーフ陣が守りを固める。チーム別の得点や失点をみれば、優勝して当然の戦力と言える。
しかし、ペナントレースはこれからが本番。ホークスの今の弱点は先発投手陣である。
なにしろ、もう59試合も経過したというのに、完封どころか、完投投手が一人も出ていない。
規程投球回数に達している投手も一人もいない。
昨年0勝に終わった帆足が復活したのは頼もしいが、寺原は故障、大隣は手術で今シーズン絶望、東浜は期待はずれ、山田は相変わらず投げてみないとわからない、新垣はもう高くは望めない、パディーヤは今イチ、そのうえ摂津は、昨年までとWBCの疲れから精彩を欠く。
楽天の則本のような新星が現れてくれれば、優勝もぐっと近くなるんだけれど・・。武田よ、早くカムバック!山中や川原に期待したい。
それと、抑えはもう、千賀で決まりだ!
[PR]
by accesstakabata | 2013-06-14 08:49

悪貨が良貨を駆逐する

 カネのない者が意思表明する機会というのは、従前はビラ配布か集会・デモへの参加くらいしかなかった。しかし、ビラを作成するにしても手間暇はかかるし、集会やデモなどはいつ催されるか、組織する団体が必要で、一般市民が主体にはなかなかなれなかった。
 しかし、インターネットが普及し、カネのない者でも自由に意見表明することが容易になった。SNSであれブログ、掲示板であれ、原発、憲法、TPP、生活保護、消費税などの課題につき、いつでもどこでも、しかも匿名で自己の見解を表明することができる。いま反原発集会が立ち上げられ、継続できているのもネットの貢献が大きいだろう。
 しかし、インターネットの世界はある意味でグロテスクな世界であり、面と向かっては憚られるような言説が真偽も検証されないままあっというまに拡がり、極端な意見ほどハバを利かせる傾向にある。
 いまネットでの言説の中で、ヒドいのは朝鮮・韓国に対する誹謗中傷で、何か犯罪・事件が起こるとすべて朝鮮人だ、在日だなどという根拠のないツウィートがなされる。そしてネットという仮想社会だけでなく、それが現実の世界にまで乗り込んできたのが、東京の大久保や大阪の鶴橋で起きている、「朝鮮人をたたき出せ」「殺せ」などとわめく嫌韓デモである。
 ネットの中での言論状況は、いわゆる「ネトウヨ」が跋扈・蔓延し、少しまともな言説は、すぐに「反日」「サヨ」などとレッテルを貼られる状態で、全体では「悪貨が良貨を駆逐」している印象を受ける。
 さて、このような状況で、ネット選挙がようやく解禁される。市民の良識に訴える言説が優り、感情的・感覚的なデマを淘汰させることができればいいのだけれど、どうなることやら。
[PR]
by accesstakabata | 2013-06-13 08:52

紀子三部作

 小津安二郎監督、原節子が「紀子」役を演じる三部作、「晩春」「麦秋」「東京物語」をビデオで見た。
「紀子」役といっても3つの映画に関連はなく、しかも配役が原節子の外、笠智衆、杉村春子、三宅邦子など同じような俳優が出てくるし、昭和20年代の中流家庭という設定も似たようなものであるから、叙情的な映像には懐かしさを感じるが、三本続けてみると、日本社会が大変な時代に、娘の縁談を軸とした家庭内の些事を淡々と描く映画ばかりで、食傷気味になってしまう。
 原節子は、ハリウッド女優に似た雰囲気が漂っているが日本式の美人ではないし、大きめの口にいつも笑顔を絶やさない演技は少ししらける。戦争直後で、健康的でやや太り気味な体型の方が美人とされていたからか、「晩春」では、叔父さんから、嫌みではなく「太ったんじゃないか」と言われるシーンがある。高島田の花嫁姿を披露するが、ついに夫となる人は画面に登場しない。「麦秋」や「東京物語」でも、出征して帰らない家族がアクセントになっているようで、小津は画面に登場しない人物を、観客に想像させようとしているのだろうか。いずれの映画にもいたずら小僧の子役が配置され笑わせてくれるが、20代の紀子に「おばさん」と呼びかける。いまの時代には「禁句」とされる言葉が自然に飛び交うのも、その時代の映画ならではだ。
  笠智衆は「麦秋」では東山千栄子と親子なのに、「東京物語」では夫婦。当時から老け役だったのかも知れないが、こんがらかってくる。ま、この映画の時代には、20代後半の女性は「いき遅れ」だし、50代後半の男はまぎれもない「老人」であることを知らされる。
 
[PR]
by accesstakabata | 2013-06-10 14:38

5時間の野球観戦

8日は、久しぶりに長男と野球観戦。ドラゴンズVSソフトバンクホークス。
ドラゴンズは山内、ホークスはパデイーヤの先発で、両投手とも調子はよくない。
ホークスが先制してドラゴンズが追いかける展開で、いちばんの見所はホークスの中継ぎ千賀投手。
地元蒲郡高校から育成枠で入団し、昨年は和田毅の背番号21を背負ったけれども、結果が出ず。今年は41となり、ずっと調子がよい。なんと言っても150キロを超える速球と落差の大きいフォークボールで、今のところ奪三振率が確か№1。この日も2イニングで4奪三振。小気味よいピッチングだった。出ずっぱりなので、疲れが気になる。
 さて、試合の方はホークスの抑えの岩崎がルナに打たれて6-6で延長戦へ。両軍合わせて17人の投手を繰りだし、夜11じまで闘って、ドローとなった。試合としては面白かったけれど、えーっ、もう11時だよ。
いや、選手も疲れただろうけど、観客も疲れるよな。オリンピックで野球をやるためにはもう少し、ゲームの進行を早くしないといけないと言われ、7イニング制にしたらどうかなんて案を出てるようだけど、今日のような5時間もかかる試合を見てるとそれもアリかと思ってしまう。
[PR]
by accesstakabata | 2013-06-10 08:44

小津安二郎「東京物語」

 名作の誉れ高い「東京物語」を格安ビデオで見た。正月に「東京物語」のオマージュとしての映画、山田洋次の「東京家族」を見たので、「原作」も見たいと思っていた。
 私が生まれた年の映画だからもう60年も前の作品である。
 昭和20年代というのはこんなふうだったんだよな、という懐かしさがこみあげてくる。笠智衆と東山千栄子の老夫婦が素晴らしい。格別、事件があるわけではなく淡々としたホームドラマだが、いかにもこれぞ日本映画という感じがする。「永遠の処女」原節子は日本人離れした美貌だとは思うけれど、東京家族の蒼井優の方が私は好きだね。
[PR]
by accesstakabata | 2013-06-07 15:10

映画「はじまりのみち」

 今年は映画監督木下恵介の生誕100年ということで、それを記念してつくられた映画。
 私が子どもの頃は、TBS系列で「木下恵介劇場(アワー)」をやっていて、子どもではあっても栗原小巻の美しさに心奪われた記憶がある。確か、秋山ゆりとかいう新人女優が出ていたドラマもあったと思うけど。
 この映画は、新進の監督だった恵介が、軍のプロパガンダ映画「陸軍」を作るが、そのエンドに出征していく息子を見送る母が泣き崩れるシーンがあり、それが軍のお咎めをくらい、次回作に異議が出たことにより、松竹を退社するところから始まる。
 実家浜松に戻った恵介が、空襲の惨禍を逃れるため、病身の母親を遠州の山奥まで、リヤカーに乗せて運んでいく、ただ、それだけの話である。
 ドラマとしては単調というほかないが、便利屋の濱田岳がはまり役だし、ユースケ・サンタマリアもTVで見るあざとさもなく、映画に溶け込んでいる。しかし、なんといっても、ほとんど脳溢血の後遺症による失語症という設定で、セリフもない田中裕子の母親役が素晴らしいと思う。目と表情だけで凛とした役どころを演じている。
主役の加瀬亮は・・・、好き嫌いが別れるかも知れない。
 ただ、映画として成功しているかどうかは疑問。木下恵介の映画のハイライトを、最後に流し続けて終わりにするなんてあり得ないと思う。
[PR]
by accesstakabata | 2013-06-03 08:46


名古屋市中川区の法律事務所です
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30