人気ブログランキング | 話題のタグを見る

高畑アクセス法律事務所



映画「それでも夜は明ける」

スティーヴ・マックイーン監督の「それでも夜は明ける」。
19世紀のアメリカで、「自由黒人」の身分でバイオリニストとして活躍していたソロモンが拉致され、南部の農園に奴隷として売り飛ばされ、白人に「家畜」以下に虐待を受け、辛うじて12年後に北部に生還できたという、ノンフィクションを基にした映画である。
わずか150年ほど前のアメリカにおける白人の犯罪的搾取を見事に描いている。
私がいちばん衝撃を受けたのは、ソロモン(奴隷名プラット)が白人の逆恨みを受け、絞首されそうになっているときに、奴隷黒人も含めて、誰もそれに気づこうとしないで、それぞれの仕事・役割を続けているシーンである。
考えてみれば、現代社会も搾取・収奪されている人たちを見て見ぬふりして、自分の小市民的生活に安住しようとしている傾向は強まっているのではないか。この映画の主人公さえ、北部にいる従前の主人である白人に連絡を取り、自分だけが助かったというのであり、性的収奪を受けている女性奴隷パッツィーは助けられなかったのである。
スティーブ・マックイーンといえば、私の世代では、同姓同名の白人活劇俳優を思い起こすが、この映画の監督は黒人である。
暗く重い映画ではあるが、このような映画がアカデミー賞を取ったということに拍手をしたい。

# by accesstakabata | 2014-03-08 10:27

映画「東京難民」

現代のいったん落ちると這い上がれない「滑り台社会」を描いた映画。
東京の私大に通う学生が、親が失踪し、学費滞納で大学除籍。下宿は家賃滞納で、即追い出され、ネカフェ難民に。即日払いのバイト、新薬治験のバイトを経て、ホストに。主人公修は「善意」の人なので、ホスト仲間を見捨てておけず、また、クラブに来た客の看護師がソープ嬢に転落したことに自責の念を持つ。ホストクラブの支配人にヤキを入れられた修はホームレスに救われる、というような展開。
確かに、親からカネが送られなくなった地方出身の学生はヤバいのだろうけど、ホスト映画になってしまってる点は大減点。
修を演じた中村蒼、茜役の大塚千弘は知らない俳優だったが、好演。ホームレス役に井上順がいい味を出している。


# by accesstakabata | 2014-03-01 08:15

映画「小さいおうち」

山田洋次監督の新作「小さいおうち」。

おもちゃ会社の重役の家に女中奉公していた女性の目から見た戦前・戦中の「小さな不倫」のお話。
観客の大部分が私より年上と見受けられる。若い人には受けないんだろうな。
松たか子は役柄にふさわしい美しさだけれど、彼女が気持ちを寄せる吉岡秀隆の魅力が伝わらない。
妻夫木聡とキャストの交代があった方がよかったんじゃないか。
倍賞千恵子は実年齢よりも老けた役どころだけど、しっかりお婆ちゃん役がはまっていました。

# by accesstakabata | 2014-02-03 08:32

祝 ひだ法律事務所開設

ひだ法律事務所の開設記念パーティに出かけていきました。
私と一緒に裁判員裁判を2件担当した漆原由香弁護士とそのお連れ合いの川津聡弁護士が
漆原先生の出身地である高山の地にご夫婦で法律事務所を開設された。
弁護士業界も大変な時代を迎えているが、
漆原弁護士のように何事にも積極的で、かつ、礼儀正しく丁寧な仕事ぶりの人なら、きっと
飛騨の地に新しい息吹を起こしてくれるだろうと期待している。
あ、川津先生も「婦唱夫随」で頑張ってくださいね。
記念講演に東大の鈴木宣弘教授をお招きしてTPP問題を論じていただくなど、内容的にも素晴らしかったし、また、
参加者も100名を超えるほどで盛況でした。
今日の高山はこの時期にしては珍しく雪ではなく、雨だったけれど、帰りには晴天になっていました。
お二人の事務所を訪れた依頼者の心が、雨のち晴れになるように、頑張ってほしいと思います。

# by accesstakabata | 2014-02-02 19:26

東京都知事選

いよいよ都知事選である。
名護市長選に続いて、安倍政権の暴走をストップさせるような有権者の判断が期待される。
反原発の候補として宇都宮、細川が出馬し、票が割れることを心配する向きもあるが、
都政で重要課題となるのは原発問題だけではないし、
細川・小泉連合に憲法的価値を守り、弱者を大切にする政治は期待できないから一本化はもともと無理である。
原発訴訟に深く関わっている河合弁護士や鎌田慧が反原発最優先で「当選可能性」を考慮して細川支持をするのもわからないではないが、たとえ小泉の支持があったにせよ、もう後期高齢者である細川にそれほど集票力があるんだろうか。
宇都宮も前回、社共に未来の党やみどりの党まで乗っかった割には、あまり票が伸びなかったし、細川に票が流れると田母神とどっこいどっこいの成績になるかも知れない。脱原発派、護憲派も湯浅誠とか伊藤真とか、もっと清新な40代、50代の候補者が出てきてくれたらいいのにとも思う。
それにしても、連合東京が舛添を支持するというのは、まぎれもなく原発維持・推進の立場からだろう。労働組合としては情けないというほかないし、自民党を足蹴にして除名された舛添を、自民党がかつぐという戯画も興ざめではある。

# by accesstakabata | 2014-01-21 17:56


名古屋市中川区の法律事務所です
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31